PMTCとは?

歯科衛生士が行う歯のメカニカルクリーニングのことです。

虫歯や歯周病の原因の1つがプラーク(歯垢)です。歯と歯ぐきの間や境目などのプラークは、毎日きちんとブラッシングしているつもりでも、完璧に落とすことは出来ません。

そんなわけで、虫歯や歯周病が進行するのを防ぐためには、私たち歯科衛生士が専門器具と特殊ペーストを用いて、徹底したお掃除を行います。

PMTCはこのような方にお勧めします。

1.虫歯になりたくない方
虫歯原因菌の巣であるバイオフィルムを破壊し、歯垢の再付着を防ぎ、また、フッ素入りジェルを使うことで、再石灰化を促進し、歯を強化します。

2.歯周病(歯槽膿漏)になりたくない方
歯周病は治療が完了しても、再発しやすい病気です。
必ず定期的にバイオフィルムを破壊し、歯垢を完全に取り除くことが大切です。

3.いつまでも白い歯でいたい方
歯垢や着色を取り除きます。いつまでもさわやかなあなたを演出してくれます。

4.インプラント治療をした方には最適のお手入れ方法です。

5.歯磨きが困難な矯正装置やブリッジを入れている方
ご自分で磨けない所まで、しっかり歯垢を取り除きます。
それで本来の歯がよみがえり、歯の表面がツルツルになるのが必ず実感して頂けます。

PMTCの手順

●歯と歯ぐきのチェック:ムシ歯や歯ぐきの状態をチェックします。

●磨き残しのチェック
歯垢(プラーク)を染め出し液で染め出します。
すると、歯垢が残っている所が赤くなり、磨き残しがあるのがわかりやすくなります。

●歯石がある人は取り除く
ムシ歯や歯周病の原因になる歯石を取り除きます。
クリーニング

●PMTC
特殊な歯磨き粉を使用し、ブラシやゴムのカップでおそうじします。

歯と歯の間を三角形のチップで磨きます。チップで取り切れない汚れがあるときは、デンタルフロスで取り除きます。

普段きれいに出来ないところまでピカピカになります。例えば静岡で人気のある安心の歯科医院を希望するなら、静岡市葵区のみまつ渡辺歯科医院を訪れてみて下さい。
本来の歯がよみがえり、歯の表面がツルツルになるのが実感していただけます。

●フッ素塗布

クリーニングが終わったら最後にフッ素を塗ります。
これは抗菌・歯を強くするために欠かせないプロセスです。

フッ素を塗ったら、そのまま3分間放置します。フッ素をより浸透させるためには、とても重要なことです。その後、30分間はすすいだり、飲食は控えてください。

親知らずを取るにあたって、強烈な痛みを逃避できないので、麻酔を用いない手術を実施するというのは患者さんの体力にとって過度な負担になると推測されます。
レーザーによる歯の治療では虫歯菌をレーザー照射で殺菌してしまい、他にも歯の表層の硬さを高め、ムシ歯菌のついた歯になる確率を低くする事が可能です。
嫌な口のニオイが気になって、ドラッグストアで売られているマウスウォッシュやガムを用いているのならば、歯垢を取り除くケアを一番に始めてみましょう。あの気になる口の中のニオイが抑えられるはずです。
歯科技工士が作った歯の剥離が可能だということは、月日が経つにつれて変容する口腔内とアゴの様態に適した方法で調節が実施できるということです。
最初に、歯みがき粉無しでしっかり歯ブラシでの歯磨き方法を熟達してから、仕上げとしてちょっぴりハミガキ剤を使うときっちり磨けるようになるでしょう。


歯の手入れは、美容歯科に関する治療が成し遂げられ希望に沿った結果だったとしても、横着せずに継続していかないと施術を始める前の状態に退行してしまいます。
早期の段階は歯周病を起こす菌が歯の表面にくっついてしまい、それが一因で歯茎が炎症を起こし赤くなって傷んでしまったり、歯を磨くと血が出てしまったりする状態が歯肉炎の所見なのです。
審美歯科というのは形相ばかりでなく、歯の並び具合や噛み合わせの修築を行い、それによってもともと歯が持っている機能美を復することを求める治療方法なのです。
良く知られているように口腔内の唾液はいかにもすっぱそうな物や、おいしそうに見えるものを目にすると分泌されるのですが、じつは、ムシ歯や歯茎の歯周病等を予防するのに有効なのが唾液なのです。
唾液分泌の低下、歯周病はもちろんのこと、義歯を使うことが原因で起こる口の臭いなど、年齢と口の臭いのつながりにははなはだ多岐にわたる根拠が関わっているようです。


ここのところ歯周病の元を除去する事や、原因菌に汚染された病巣をきれいにすることによって、組織が再び再生することが期待できるような歯科の技術が作り上げられました。
歯牙の表層を覆っている硬いエナメル質のすぐ下の位置より、口内酸性の度数がPH(ペーハー)の値が5.5~5.7より小さくなると歯を形成する重要な要素であるカルシウムやリンが溶け出します。
昨今では幅広く知られる事になったキシリトールの入ったガムの性質によるむし歯予防策も、そういう研究結果から、作られたものと公表できます。
口の中の状態もさることながら、身体トータルのコンディションも忘れずに、担当の歯医者さんとよく打ち合わせをしてから、インプラントの処置を開始するようにしましょう。
先に口のなかに矯正装置をセットして、歯に安定的に圧力を連続してかけ続ける事で人工的に正しい位置に戻し、正常ではない噛み合わせや歯並びを改善する方法が歯列矯正なのです。

たとえ大人になっても永久歯がむし歯にかかりますが、乳歯はその構成上、永久歯よりも耐酸性が低いので、毎日のブラッシングを続けないと、乳歯の虫歯はたやすく拡大します。
口内炎のレベルや起こった箇所次第では、生理的に舌が力を入れただけで、大変な激痛が発生してしまい、ツバを飲み込むことさえ難儀になってしまいます。
普及している入れ歯の短所をインプラントを備えつけた入れ歯が補います。離れずに圧着し、お手入れのしやすい磁力を活用した品も入手できます。
歯の矯正によって見た目に対する劣等感から、思い悩んでいる人も陽気さと誇りを回復させることが可能となりますので、肉体と精神の両面で充足感を手に入れられます。
すべての働く人についてもいえることですが、歯科衛生士みたいに患者のいる医療機関に身を置いている人は、とても身嗜みに気をつけなければなりません。

外科処置を行う口腔外科というところは、歯槽膿漏、むし歯あるいは義歯の治療だけではなく、口のなかに生じる多彩なトラブルに適合した歯科診療科の一つです。
大人と同じように、子供の口角炎の場合も色々な遠因が予想されます。とりわけ目立つ原因は、偏った食生活と細菌の作用によるものに分けることができます。
気になる口臭を和らげる働きのある飲み物としては、コーヒーの名前があがりますが、多量に飲みすぎると口のなかがカラカラに乾燥してしまい、残念なことに口の臭いのきっかけとなってしまうようです。
もし歯冠継続歯の付け根が割れてしまったらそれは歯根破折と呼ばれていますが、悲しいですが使えません。その九割方を占める場面では、抜歯してしまう方法しかないのです。
審美歯科にまつわる診察は、「悩んでいるのははたしてどんなことか」「どういった笑顔を手に入れたいと思っているのか」をよく話合うことを前提に取り掛かります。

歯を綺麗にする事をメインの目的にしているため、歯の噛みあわせの事などを手抜きしてしまっている状況が、とても多く耳に入るそうです。
歯の表面に歯垢が集まり、その箇所に唾液のなかに存在するカルシウムなどのミネラル成分が一緒に付いて歯石が出来上がりますが、それらの元凶は歯垢にあります。
このごろは医療技術が一気に進歩し、針のない無針注射器や痛みの少ないレーザーの治療器を使用することで、痛みをだいぶ軽くすることのできる「無痛治療」という治療が開発されているのです。
乳歯は永久歯に比べると、象牙質やエナメル質等の厚さがおよそ半分くらいしかないのです。更に言えるのは再石灰化の力も未熟なので、虫歯を起こす菌に軽々と溶かされてしまいます。
適用範囲が特に大きい歯のレーザーは、種類も多彩で、これ以外にも多種多様な医療の現場に取り入れられています。これから後は更なる期待がかけられています。