エナメル質と歯の色について

歯の色には個人差があって、本来健康な歯は真っ白な物ではなく、やや黄色みがかった色をしています。
これは半透明のエナメル質を透して、象牙質の色が見えているためです。
よく乳歯の頃は白かったのに、永久歯に生え変わったら歯が黄色くなったと言われる方がいます。
これは永久歯の方が乳歯に比べ象牙質の厚みがあるので、色が濃く見えてしまうためです。

また象牙質は年齢とともに厚くなるので、年をとると歯の色は濃くなる傾向があります。

■変色の原因

☆外因性着色

食品に含まれる色素が歯の表面に付着して変色します。
ブラッシングで着色を防ぐ事は可能ですが、1度ついてしまうとブラッシングでは取れなくなる事もあります。

☆内因性着色

病気や外傷、又は、薬剤の副作用等で、歯自体に染み込んだ着色が取れなくなったものです。

☆加齢に伴う黄ばみとDNAによる強い黄ばみ

加齢により歯の色調が濃くなるもので、象牙質の厚みが増し、黄褐色が強くなります。
又、肌や髪の色が遺伝するように、歯の色も遺伝します。

■ホワイトニングのメカニズム

エナメル質の一部を溶解し、歯面に光の反射面を多数つくるようにする。
光の乱反射により人の目の錯覚を生じさせ、エナメル質の光の透過性を低くすることで象牙質の色を透過しにくくする。(すりガラスのようにする)

過酸化水素や過酸化尿素と言った酸化剤によって、エナメル質中の有機質を化学的に漂白する。

酸化還元反応でエナメル質中の有機性色素を分解し、漂白効果を高める。

漂白・溶解作用によりエナメル質表面がザラザラになるため、治療後に再度有機物の沈着や着色が起こりやすくなる。そのため漂白効果を持続させるには1~3年おきに再漂白が必要。

■ホワイトニングの禁忌症

ほとんどの場合がホワイトニングの適応になりますが下記の場合は禁忌になるので注意してください。

・無カタラーゼ症
・エナメル質形成不全・象牙質形成不全
・妊産婦
・齲蝕がある場合、重度の歯周病がある場合
・エナメル質に亀裂が入っている場合
・重篤な変色歯
・修復物や補綴物が入っている歯

■ホワイトニング後の効果について

ホワイトニング効果が永久に持続するほうが望ましいことは確かですが、残念ながら否定せざるを得ません。
第1の理由としては、「後戻り」といって歯の色が術前の状態に戻ってゆく現象がおき、
第2の理由は、食物など日常生活による歯面の外因性着色です。
第3の理由は、人間の歯は年月とともに色が濃くなるという自然現象が加わります。
ゆっくりと進行する歯の内部の変化です。

歯医者SEO対策ならお任せ下さい。被リンク構造がまるで違います。完全返金保証付き!

上部の親知らずは下部に比べて麻酔による効用が効果的なため歯を抜く時も激痛を伴うといった実例が少なく、痛みに虚弱な方であるとしても、手術は造作なく成されます。
歯科衛生士が在宅での医療において要求されているのは、まず先に患者さんの口腔内をきっちりと清掃することです。患者の口の中が不潔なままだと、菌が増殖したカスそのものを飲み下すかもしれません。
仮歯が入ってみると、見た目がわざとらしくなくて会話や食事などにもまごつきません。そして仮歯があることにより、処置を受けている歯が欠けたり歯列がずれたりすることが全然ないのです。
ある研究で分かったのは、顎の関節が異常だという自覚症状のまったくない人でも、3割~4割の人が口を開く折にこのような不思議な音が聞こえることを感じたようです。
入れ歯というものに対して思い描くマイナスイメージや固定概念は、自らの歯牙を使ったときの感じと対比して考えるために意図せず大きくなっていくのだと考えられます。


通常のハミガキを念入りに行っていれば、この3DSが効いてムシ歯の原因菌の減った状態が、一般的には4ヶ月~半年くらい持つようです。
口の匂いを気にして、市販のガムやマウスウォッシュをよく使っている人は、歯垢を排除する対策をまず最初に行ってみましょう。嫌な口の臭いが和らいでくると思います。
数が少ない口腔外科とは歯槽膿漏、むし歯更には入歯の処置だけでなく、他にも口のなかに出現するさまざまな不調に適応する診療科でしょう。
インフォームド・コンセントの実践は病気の症状を厳密に把握することで、それを緩和する治療の実施に前向きに取り組みましょうという考えに即しています・
シリジェット(無針注射器)とデンタルレーザー治療器を取り入れて処置すると、口内炎からムシ歯まであの苦痛をまず与えずに治療をおこなうことができるみたいです。


当然ながら医者の数が多ければきっちり患者の診察をしてくれそうですが、意外なことにそんなところは流れ作業のように患者さんを治療する施設も存在します。
プラークコントロールと言えば、歯ブラシでの歯みがきを連想することが大部分を占めると考えますがほかにも多様なプラークコントロールの処置が存在するのです。
虫歯を予防するためには単に歯磨きのみでは難儀になり留意点は虫歯を起こす原因菌を除くことと虫歯の病態の進行を阻止するという2点だといえます。虫歯が原因となっている知覚過敏は、ムシ歯がずい分深刻化していると思われ、歯の痛さも連続してしまいますが、違う時は短い間の事態で終わるでしょう。
面倒なプラークが溜まってしまわないよう、歯石の予防を毎日しっかりと行うのが極めて大事です。歯垢のたまりやすいところは丁寧にケアすることがことさら大切です。

ドライマウスによく見られる病状は、口の中がカラカラに乾く、喉が渇くという事が一般的です。症状が激しい場合だと、痛みの症状が出てくることもあり得るのです。
歯垢のことをあなたはどの程度知っていますか?テレビやCMで何回も放送される言葉なので、初耳だ、そんなことはまずないのではないかと思われます。
つい最近になってホワイトニングを経験する人が確かに増大していますが、その折に用いる薬剤の影響で、歯がしみる感じのする知覚過敏という病変を誘引する事がありえます。
プラークコントロールという文言を聞けば、ハミガキを連想する場合が九割方を占めるという感想をもっていますが、その他にもバラエティに富んだプラークコントロールの応用技術があると考えられています。
上顎と下顎の歯の噛み合わせの相談のなかでも殊に前歯が頻繁にぶつかってしまう事例では、噛みあわせる毎に圧力が、上の顎の骨の前や鼻骨に直接加わります。

気になる口臭を和らげる作用がある飲みものに、コーヒーの名前があがりますが、あまり飲み過ぎるとなぜか口のなかがパサパサに乾燥し、皮肉なことに嫌な口臭の要因となる存在です。
専門的な話をすれば、虫歯は、虫歯の元凶の菌が歯を溶かす素早さに、歯を再び石灰化する機能(とけてしまった歯を元通りに戻す機能)の進行具合が追いつかないとできます。
本来の歯に似せて作られた歯の脱着ができるというのは、加齢にともなって変わる口腔内とアゴのシチェーションに合う形で、整備が簡単だということです。
人間本来の歯の正しい噛み合わせは、じっくりと噛むことにより上顎と下顎の歯がすり減り、誰一人として同じではない顎骨の形や顎にぴったりの、個別の歯の噛みあわせが完了するのです。
口角炎の理由の中でも至ってうつりやすいシチュエーションは、親子間の接触感染だと思われます。なんといっても、親子愛があって、四六時中同じ空間にいるのが主因です。

今やほとんどの人に愛用される事になった、あのキシリトールの配合されたガムの効果によるむし歯の予防方法も、このような研究成果から、生まれたとはっきりいえます。
デンタルホワイトニングの処置は、歯のエナメル質の汚れた物質を丁寧に取り去った後に実施しますが、それには自宅で自分でできるホームホワイトニングと歯医者さんで行うオフィスホワイトニングという、方法の異なる2つのサービスが選べるようになっています。
応用できる範囲が非常に広い歯科で使われるレーザーは、バリエーションも豊富で、これ以外にも多種多様な治療現場で活かされています。今後一段と活躍が期待されています。
いずれの職種の働く人に向かってもいえますが、例えば歯科に勤務する歯科衛生士のような医療の業界に身を置いている人は、殊に勤務中の身嗜みに気をつけなければいけないとみられています。
虫歯の目を摘むためには、通常の歯みがきだけでは困難になり、肝心なのは痛い虫歯の成因となる菌を除くことと、虫歯が進むのを歯止めをかけるという2つの要所と言えます。